セルフのガソリンスタンドのバイトをするときに知っておくべきこと3選

仕事が大変じゃないケースが多い

ガソリンスタンドのバイトの仕事内容はだいたい想像がつくと思います。ガソリンを入れたり、窓などを拭いたり、ガソリンスタンドへの入退場の誘導をしたりなどです。しかし、セルフのガソリンスタンドでは通常のガソリンスタンドの仕事内容と比べてもかなり楽に感じる可能性があります。セルフなので、通常はバイトがやっている仕事内容をお客さんが自分で勝手にやることになるからです。だから、相対的にやらないといけない仕事内容は少ないのです。しかし、仕事が全くないということではないのでそこは絶対に知っておく必要がありますね。

求人の数はあまり多くない

セルフのガソリンスタンドのバイトは仕事内容がそこまで大変ではないという点から人気です。ガソリンスタンドで働くならばセルフの方が良いと思っている人も多くいます。したがって、1つの求人に対して競争率が高くなる可能性があります。また、セルフのガソリンスタンドのバイトは求人それ自体が多くないので、それも競争率を上げる要因になります。セルフのガソリンスタンドのバイトは求人が多くないので、探すのがまず大変ですが、求人が見つかっても応募して採用されるのも大変と言えるでしょう。

資格が必要な場合もある

セルフのガソリンスタンドでバイトをするときには危険物取扱者乙種第4類という資格が必要になることもあります。これは絶対に持っていないといけないとは言えません。営業中に複数のバイトがいれば、その中で誰か1人が持っていればいいというものですから。ただ、この資格を持っていないと1人での勤務ができないので、働ける時間帯や日にちが限定される可能性もありますから、どうせならば取得しておいた方が良いとは言えると思いますね。

働いてる方の多くがクルマ・バイク好きであるため同僚・先輩と同じ話題で楽しく話せます。ガソリンスタンドでのバイト、貴方もはじめてみては?