アルバイト求人に応募したが、連絡が来ない!どのくらい待つべき?

採用ならすぐに連絡が来ることも

企業側は、優秀な人材はできるだけ逃したくないと考えます。そのため、採用の場合には、2日~3日くらいで連絡が来ることも多いようです。アルバイトや派遣の場合には、面接を受けたらその場で「あなたは採用です。」と言われることもあるようです。あまりに連絡が早いと、逆に怪しんでしまう人もいますが、企業はすぐに人材を確保したいと考えていることもあるので、その日のうちに連絡が来たら、自分は期待されていると思ってがんばるようにしましょう。

1週間経っても連絡が来なかったら

1週間経っても連絡が来なかったら、不採用の可能性が高いです。不採用の場合には、次の求人を探さなければいけないので、早く連絡がほしいと考えるでしょう。しかし、企業側は、採用の人に優先的に連絡をして、不採用の人への連絡は後回しにしてしまいます。このことを理解していないと、いつまでも連絡を待ち続けて、時間を無駄にしてしまうこともあるので注意をしておきましょう。企業側は、「じっくりと時間をかけて考えたが不採用となりました。」という姿勢を見せるために時間をかけているという意見もあります。

企業に電話をかけるときは慎重に

連絡が遅い場合、面接を受けた企業に連絡をして、聞いてみるというのも1つの手です。しかし、企業に電話をかけるときには、慎重に行いましょう。面接の時に、「10日後までに連絡をします。不採用の人には連絡をしません。」という説明があったのに、電話をかけてしまったら、きちんと話を聞いていなかったのだと思われてしまいます。面接の時にそのような説明がなかったので電話をかける場合でも、1週間くらいは待つようにしましょう。

プラントの求人は、インターネットの求人サイトを活用しながら探せるため、希望条件に合った求人が比較的スムーズに見つかります。