転職・就職に失敗しない!介護求人の見つけ方について

介護業界は求人数が多い

介護業界は慢性的な人手不足に悩まされているので求人数が他の業界に比べて多いんですよね。求人数が多いことは仕事を求めて人にとってありがたいのですが選択肢が多すぎるのも問題です。そもそも介護業界が人手不足なのは労働環境の悪さから離職率が高いことも影響しているので、数多くの求人の中から労働環境が良さそうな求人を見つけないと転職・就職に失敗する恐れがあります。実は介護求人を探す時に幾つかのポイントを押さえて探せば良い求人が見つけやすくなるんですよ。

常に求人を出している施設は避ける

いくら介護業界が人材不足に悩まされていると言っても新しい人材を雇えば求人は取り下げるのが普通ですが、中には一年通じて求人を出し続ける様な施設もあります。常に求人を出しているという事は新しく人が入っても何らかの理由で人材が定着していないことが推測されますよね。こういう施設は労働環境に問題があるので避けた方が無難、特に広告費のかからない職安の求人に上記のような怪しい求人が多いため職安利用者は気をつけましょう。

待遇が良すぎる求人にも気をつける

介護業界は他の業界に比べ給与水準が低い傾向にありますから、高待遇を示す介護求人があれば飛びつきたくなると思います。ただ高待遇の介護施設の中には、激務や人間関係の問題で給料を高くしないと人材が集まらない・定着しないという施設もあるんですよね。どんなに激務でも給料さえ高ければそれで良いという人には関係ないかもしれませんが、そういう人ばかりではありませんからね。介護職には人間関係の悩みを抱えて離職する人も多いですし、待遇が良いからと言って飛びつくのは危険ですよ。

近年では、少子高齢化が進み、大都市東京も例外ではありません。介護の求人を東京で、と思うのも自然な流れになりつつあります。